2024/02/07 (更新日:2024/02/07)

自分で出来る、目の疲れを取る方法3つ

治療, 目の疲れ

前回は目の疲れ(眼精疲労)について書かさせて頂きましたので、今回は続きとして、ご自宅で出来る簡単な目の疲れを取る方法を、ご紹介します。

1.お風呂

まずは、お風呂。

湯船に40℃前後くらいの、ぬるめの温度でお湯を張り、少し深めに入り、後頭部と首がつながっている所まで、お湯につけて温めてみてください。

目が疲れてくるとこの箇所に痛みや張りを訴える方が多いです。ここを温めて血液の循環を上げることで、凝り固まっている筋肉がほぐれて来て、頭部に流れる血流量が増えます。

そうして老廃物や疲労物質を流していきます。あとタオルを湯船に浸し、軽く絞って目の上に置いてもの周りを温め、目の周りの血流もよくしてみて下さい。

ゆっくりと10分ほど入浴を行なって下さい、額から汗が滲む程度で大丈夫です。

2.簡単な目の体操

両目を動かすことで、固まって動きが悪なってしまっている、目の周りのピントを合わせる働きをする筋肉の硬さをとり、血液の循環を上げることで、目の周りの筋肉の緊張を取り、疲労を回復させる方法です。

特にパソコン作業などで、目のピントが長時間固まってしまっている方に、有効な方法です。

  • (1)両目で左側を向き、10秒間その状態をキープします。
  • (2)次に両目で右側を向き、10秒間その状態をキープ。
  • (3)次に両目で上を向き、10秒間その状態をキープ。
  • (4)次に両目で下を向き、10秒間その状態をキープ。
  • (5)両目でゆっくりと右回りで3回ぐるりと目を回していきます。
  • (6)最後に、同じように反対の左回りでぐるりと目を回してみて下さい。

どれもできる範囲で良いので、ゆっくり丁寧にやってみて下さい。

3.目の周りのマッサージ

これは目の周りの筋肉に、直接刺激を入れ、筋肉の緊張をとり、血流を上げて疲労物質や老廃物を流していく方法です。

両手で目の上の眉毛の際の骨の上を、指先でゆっくり軽く横にずらすようにマッサージをしていきます。

軽く横にずらす動きをしながら、目の外側から下側、内側へと目の周りをぐるりと回るように、軽くマッサージをしていきます。

目の上の方に撫で帰ってきたら、次は少し下にずらし、目の周りの骨の際と目の間の窪みぐらいを、同じように目の周りをぐるりと回る感じでマッサージをしていきます。

気をつけてもらいたいのは、眼球を抑えないこと。あくまで目の周りのマッサージですので強く押えず、軽く気持ちが良いと感じるくらいの力加減で、優しく行ってみて下さい。

 

これ以上症状がひどくならない為にも、上記にある方法を試していただけたらと思います。

もし、もっと早く良くなりたいと思われるようでしたら、お気軽にご連絡下さい。

当院は、当院は、名古屋市中川区にある整骨院で整体を行っており、目の疲れからくる各症状を改善する専門家です。

あなたのお困りな身体の症状は、効果的な施術で改善が期待できます。

目の疲れからくる各症状に悩んでいる方は、一度当院にご相談ください。

適切な施術をすることをお約束致します。

 

関連記事

新着記事

おすすめ記事

TOP > > 自分で出来る、目の疲れを取る方法3つ

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 052-362-8350