2024/02/01 (更新日:2024/02/01)

自律神経の乱れからくる症状はなぜ改善しにくいのか。

治療, 自律神経

自律神経の乱れからよくある症状と原因

当院に来院される方の中で、最近自律神経の乱れが原因の方が増えてきました。

特に今年の冬は、気温や気圧の変動が激しく、また、北陸での震災などで心因的な負担もあり、自律神経が緊張することが多くなっています。

自律神経の乱れからくる症状で、悩まれる方が多いのが、頭痛・めまい・耳鳴り・不眠・慢性疲労になります。

こういった症状でお悩みの方は比較的女性の方が多く、これは女性の方が生理周期や閉経によるホルモンバランスの影響が大きく、このホルモンの分泌を管理しているのは脳の視床下部になるのですが、ここは自律神経の中枢でもあります。

また、長時間の座り仕事などで姿勢が悪くなると、頭の位置が正しい位置からズレることで頭に流れていく血流が減ります。

これは、女性の方が男性と比べ筋肉量が少ない為、頭を支える力が弱くなります。

頭は男女とも4〜6キロほどあり、頭を支える筋肉が少ないと筋肉の緊張が強く出て脳に流れていく血流が不足し、視床下部の働きが悪くなり、それがホルモンの分泌の不安定さや、自律神経の緊張の原因になります。

また、姿勢が悪くなると腹部を圧迫することにより、内臓に流れる血液の循環を妨げます。これが長い間続くことにより、だんだんと内臓の働きが悪くなり、症状を引き起こす場合があります。

なぜ自律神経の乱れは改善しにくいのか

当院に来院される方は、本当に色々な症状でお悩みの方が来られます。今までに病院や整骨院などで、しっかりと治療を受けられてるにも関わらず、症状が改善されず長い間お悩みの方が多いです。

病院では基本、お薬による治療が多いと思います。

自律神経の乱れを治すためによく使われるのは、抗不安薬や抗うつ薬、抗精神薬といった薬が処方されます。不眠気味や不眠症の可能性がある人には睡眠導入剤や睡眠薬が処方されることもあります。また、ホルモン剤の処方もありますね。

これらはどれも強い薬になりますので、これらを使うことで症状が改善する場合には良いのですが、改善しないで長い間使用をすると逆にお身体の負担になる場合もあります。どんなに良い薬も合う合わないがあり、副作用もあります。

また、胃などの消化器系や肝臓などの負担になる場合もあり、最近増えている子供さんに見られるこの様な症状に対して、強いお薬を使用するのは、個人的にどうかとも思います。

他の整骨院では、マッサージなどが多いのでは無いでしょうか。

マッサージや、電気治療なども悪くは無いと思いますが、自律神経が乱れてしまっている状態では、あまり強い刺激は逆に緊張を強くしてしまう場合があります。

ただでさえ色々な症状が長く続いて、身体が過緊張を起こしていますので、まずはその緊張をとってから治療を行なっていかないと、逆に症状が酷くなってしまう場合があるのです。

ですので当院では、最初に自律神経の緊張をとってから、背骨の矯正を行い姿勢からくる負担と内臓にかかる負担を軽減して行きます。

ご自宅で、簡単にできる自律神経の改善法としては、前にブログで書いていますのでこちらを診てみて下さい。

https://sorrir-seikotsuin.com/3分で読める簡単な自律神経の説明、自律神経を整/

これ以上症状がひどくならない為にも、上記にある方法を日々試していただけたらと思います。

もし、もっと早く良くなりたいと思われるようでしたら、お気軽にご連絡下さい。

当院は、当院は、名古屋市中川区にある整骨院で整体を行っており、神経の乱れからくる各症状を改善する専門家です。

あなたのお困りな身体の症状は、効果的な施術で改善が期待できます。

自律神経の乱れからくる各症状に悩んでいる方は、一度当院にご相談ください。

適切な施術をすることをお約束致します

関連記事

新着記事

おすすめ記事

TOP > > 自律神経の乱れからくる症状はなぜ改善しにくいのか。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 052-362-8350